CHOYAシャツの歴史

CHOYAの歴史

1887

礼装、社交用シャツ発売CHOYAの歴史画像

1890

シャツの胸あて、カラー、カフスの自家製造を開始CHOYAの歴史画像

1891

前割れ式シャツを生産CHOYAの歴史画像

1894

日清戦争勃発により軍用シャツを生産CHOYAの歴史画像

1896

浅野商店に潮谷という冠称をつける
1896年(明治29年)、創業者浅野百蔵は、浅野商店に「潮谷(ちょうや)」という冠称を付け、社名を潮谷号浅野商店とする。
2年後の1896年(明治31年)、潮谷商店と改称する。CHOYAの歴史画像

1906

わが国初の穴かがりミシン輸入。
写真は当時のシャツに付けていた織りネーム。CHOYAの歴史画像

テニスシャツ発売CHOYAの歴史画像

1909

大阪支店を北久太郎町に開設CHOYAの歴史画像

1912

近代シャツ工場を向島に開設CHOYAの歴史画像

1914

第一次世界大戦勃発により国産40番手単糸使い綿布をシャツに使用CHOYAの歴史画像

1916

シンガポールで英国人向けシャツを受注CHOYAの歴史画像

1920

大阪に枚方工場開設CHOYAの歴史画像

新聞広告を掲載CHOYAの歴史画像

1921

西新井工場建設CHOYAの歴史画像

枚方工場で生産技術者強化CHOYAの歴史画像

蝶矢シャツ製造所に改称CHOYAの歴史画像

1925

新聞広告掲載CHOYAの歴史画像

1928

セミソフトカラー発売CHOYAの歴史画像

1930

世界恐慌で直販事業に着手CHOYAの歴史画像

1931

開衿シャツ発売CHOYAの歴史画像

1936

衿のシワを軽減する接着芯のシャツを発売CHOYAの歴史画像

1941

国民服を販売CHOYAの歴史画像

1945

東京大空襲により東京店焼失CHOYAの歴史画像

1946

GHQによる財閥解体の影響で制限会社の指定を受けるCHOYAの歴史画像

1947

闇市で販売するシャツを生産CHOYAの歴史画像

信州にシャツ工場設立CHOYAの歴史画像

1948

焼け跡に社屋新築CHOYAの歴史画像

1951

戦後初の展示会を開催CHOYAの歴史画像

1953

1953年(昭和27年)、前年より発売されたアメリカの特許技術による綿の防縮生地を使ったシャツを発売。50番手単糸使いで750円。CHOYAの歴史画像

1960

スポーツシャツ24色展開CHOYAの歴史画像

1962

東京オリンピックフェア協賛CHOYAの歴史画像

1964

昭和39年第一回縫製技能競技大会が開催され、大阪通産局長賞を受賞。CHOYAの歴史画像

1968

ニットシャツキャンペーン
1968年(昭和43年)、スポーツブームでニットシャツを多色展開。CHOYAの歴史画像

1969

フィットシャツをサイズ展開(100サイズ)CHOYAの歴史画像

1974

映画「パピヨン」とタイアップCHOYAの歴史画像

1975

強撚糸使いの夏用ドレスシャツを発売CHOYAの歴史画像

1980

DCブームに先がけソフトシャツを発売CHOYAの歴史画像

1993

綿100%形態安定加工シャツ発売

2004

日清紡績(現:日清紡ホールディングス)を引受先とする第三者割当増資を実施し同社の傘下に

2008

株式交換で日清紡績(現:日清紡ホールディングス)の完全子会社に

2009

CHOYA SHIRTショップ開業準備始動。復刻素材の資料収集で浜松の綿生地産地へCHOYAの歴史画像

2010

CHOYA SHIRTショップ開業CHOYAの歴史画像

2013

グランフロント大阪に関西初出店。CHOYAの歴史画像

2015

山喜株式会社へ、百貨店卸売事業を含むCHOYA株式会社事業の一部を譲渡。